翌日は祝日。

そんなこともあり、

ギリギリに予約をしたから

少しお高めのバスしか空いてなかった。

 

僕は朝から名古屋駅へ行き、新幹線に乗る

というのがあまり好きではない。

朝から忙しいなぁと思ってしまうからである。

 

故に“トーキョー”に行くときの

行き道は夜行バスを利用する事が

ほとんどだ。

夜行バスなら

寝て起きたら

“トーキョー”である。

 

寝て、起きたら

埼玉の場合もあると思うが

未だに失敗したことはない。

 

いつもより高価なバス。

期待感が半端なかった。

 

酒を1杯引っ掛けて

バスに乗り込んだ。

以前、ねれないと嫌だからと思って

3、4杯飲んでから乗り込んだことがあったが

悲惨な思いをした経験がある(迷惑はかけてないと思う)。

 

座席は1つずつ孤立していて

カーテンによる仕切りがあり

いつもの安い夜行バスよりは

プライベート感があった。

 

だが、膨れ上がってしまった期待感に

それは届かなかった。

今度からは格安の夜行バスか

新幹線で行こうと思った。

これもまた経験、勉強になった。

 

 

 

さて、年に一度くらいは訪れたい

“トーキョー”。

 

どこに行きたいとか

〜を買いにとかは

一切ない。

 

美容師として、たまには

最先端の空気を吸え!

みたいなことを

オーナー田原は昔よく言っていた。

 

だから吸いに来た…

ってワケでもなく。

 

ただ人に会いに来た、

ついでに最先端の空気吸って

どっか行こうみたいな

ノリである。

 

旅の理由は人それぞれ。

そこにくだらないも何もない。

自分の価値観を押し付けることは

何者にも許されないのである。

 

 

 

特に今日のブログは

そういう気持ちで

読んでいただきたい。

 


 

6時に池袋で下車。

一斉に人が降り

それぞれの方向へ。

 

夜行バスを降りると大体

若者3〜4人が

酔いつぶれて、うなだれている姿を

見る事ができる。

きついなぁと思う気持ちと

羨ましいと思う気持ちとが

表裏一体。

 

飲んでも飲まれるな

これは酒だけに限ったことではない気がする。

 

さて、

 

そんな若者たちを横目に

今回は三軒茶屋、

”三茶”へ向かう。

 

地下鉄を乗り継ぎ

三茶についたものの

友人からの返事は全くない。

当然だろう、まだ7時前である。

 

案の定連絡が来たのは

9時前。

その間、近くを散歩して

ふらっと入った公園のベンチで

寝ていた。

完全に不審者である。

 

 

友人は美容師をしていて

三重県にいるときは

よく遊んだし

共に講習やコンテスト・ヘアショーなど

よく行った。

 

そんな彼はNYへ行ってしまう。

そのための準備として

今、東京に身を置いている。

NY行きが決まりそう

みたいなことを言っていたので

その前にと思い、会いに来たと言うわけである。

 

わざわざ東京からやって来ても

僕に対して、特に何も変わらない

それが彼のスタイルである。

 

強いて言えば

少しおでこが広くなったようにも感じる程度だ。

 

東京に行くとき

一人で行くので、大体宿をとらずに行く。

いざとなればどこかあるだろうと思っている。

この日は

彼の家に泊めてもらえることになった。

 

四日市で一人暮らしをしていた時と

あまり変わらない

そんな雰囲気のアパート。

彼はおもむろにこう言う。

 

『フリスビーって楽しいんだけど、知ってた?』

 

知らない。

知っているけど知らない。

そもそも改めて言われると

面白いのは知ってる

だけど

改めて言うほどか?と思う。

 

彼曰く

”アルティメット”と言うフリスビーの

競技?なるものがあるらしく

その動画を見せつけられた。

わざわざ東京に来て、だ。

 

 

そう言えば今回

東京にきた理由のもう一つに

”ジョジョ展”に行こうと思ったのがある。

 

漫画”ジョジョの奇妙な冒険”の原画展。

友人と共に”ジョジョ展”へ行こうと思っていたのだが

時間指定の予約チケット制らしく

知らなかった僕たちは

チケットが取れず…

東京に来ても暇を持て余す感じになってしまった。

 

その後、アパートを出て

明治神宮へ向かう。

 

というのも

恥ずかしながら

明治神宮へいったことがないのである。

そもそも、こう見えて僕は

信心深い方だと思う。

 

見たことないけど

幽霊とか神様とか

ミエナイチカラ

みたいなものはあると思う。

(大人の事情ではないやつ)

 

ちなみに四日市店の

伊藤氏は月の裏側には何かあると言っていた。

頭おかしい人に思えるが

そう言った類の話は嫌いではない。

 

だからよく飲みに行くと

仕事の話か宇宙人の話をしている。

 

こういう書き方をすると自分も

頭おかしい風であるが

 

自分は正常であるということを

ここに記しておく。

 

 

 

さて、日本の中心にある

神社ですから

1度くらいはお参りしなければ

と思ったわけで。

 

明治神宮は想像以上に

神々しく

そして広かった。

 

それだけ。

神社に対して思うことなんて

それくらいのもんである。

 

そこに何をおもうかよりも

普段からいろんなものに対し

敬い、慈しむ気持ちを持つことの方が

大事だと思う。

そんな気持ちにさせてくれた。

それだけで十分である。

 

 

そして

その横に

”代々木公園”があった。

 


 

 

祝日ということもあり

この日の代々木公園は

たくさんの人で賑わっていた。

 

と言っても

代々木公園に来るのは

今回が初めてである。

 

そして初めて来た代々木公園にて

フリスビーをした。

わざわざ東京に来て、だ。

 

だが予想に反して

このフリスビーが

奥が深く、楽しい。

 

100均で売っているようなものと違い

ずっしりと重みがあり

飛距離も相当でる。

 

まっすぐ飛ばすのは難しく

正確にコントロールするためには

投げる時のディスクの角度

そして

回転が要となる。

 

 

ある程度狙ったところに

まっすぐ投げられるようになるまでに

約1時間ほどはかかった。

 

そのまま2時間ほど

男2人でフリスビーを楽しんだ。

 

2日目の着替えに着替えざるをえない程

汗をかいた。

 


 

さて、今回の東京ショートトリップで

一番印象に残ったのはこの

フリスビーなわけであるが

先述したように

フリスビーのコントロールは

”回転”が必要になる。

 

ジョジョの世界にも

”回転”というキーワードが出て来る。

 

フィボナッチ数列を元に

隣り合わせにした長方形の中心点を

繋ぐ渦巻き。

(詳細はジョジョの奇妙な冒険

スティールボルランを見てくれよなッッッッッッ)

 

 

フィボナッチ数列による

長方形は黄金長方形と呼ばれるものと

深いつながりがあるとされている。

 

美容師の僕は職業柄

デザインバランスというものを

意識せざるをえない。

 

フリスビーによる回転に魅せられた理由は

この黄金の回転を意識していたからかも知れません。(謎)

 

 

 

三重県に帰って来て

早速アマゾンでフリスビーを頼んでおいた。

 

 

これからは

フリスビーの普及に努めるとともに

黄金比を意識した仕事をして行こうと思う。