大きな流行もあれば

小さな流行もある。

 

ファッションやヘアもそうですが

思えば学生時代、しょうもない事が

流行ったりする。

 

例えば

国語、古文によく出てきた

“いと、をかし”

面白い様、おかしい様、可愛らしい様

などいろんな意味があるが

自分は興味深いなと思う心境を表していると

受け止めていた。

 

中学生なんかは

こういった少し

キャッチーな言葉が

大好物だ。

 

 


 

 

昨夜、ミーティング終わりに

スタイリストとオーナーと会食を。

串カツ“田中”

大阪発祥のチェーン店であり

みのだも大須でお世話になったことがある。

 

会社の班の飲み会だろうか?

隣りの席はかなり盛り上がっていて

かなり騒がしい店内だった。

 

その中でも

相変わらず竹野氏はなにかを得ようと必死だった。

竹野氏の話で8割は終わり

僕は後半の「オススメのカメラアプリなんかある?」

の話題が

一番興味深かった。

あんまアイフォンで加工しないけど

 

大体、大人数で飲んだり食べたりするとき

いろんな話題が出たりするが

個人がどこに面白さを感じるのか

というのは人によって違うので

それもまた

“いと、をかし”である。

 

 

それまで?

それまではみのだも必死だった。

(甲村氏のインスタから戴きました)

たこ焼きである。

なぜか串カツ屋でたこ焼きを焼いていた。

たこ焼きを作れるメニューがあったのだ。

 

何を隠そう、料理は好きな方であり

作る事が好きなのだ。

そして何より

自分が焼いたたこ焼きを周りの人に

食わせることができる。

 

こんなワクワクする事があろうか。

 

幾度かのタコパを経て、上達した腕前に

スタイリストはじめ、オーナーも喜んでくれた。

 

伊藤氏を家に送る途中

たこ焼を作る僕を見て、彼はこう言った

 

 

「クリエイター気質ですね」

 

 

 

これは

“いとう、おかしい”

である。

 

 


 

 

さて、今日は

秋冬のトレンドについて少し触れておこうと思います。

 

ファッション雑誌を見ていて思うのは

割とカラフルなものが多いように思います。

フューシャピンクやベイクドカラー・ペールトーンと言われる

(画像とかないです、ググりましょう。)

深いグリーン・ピンク・マスタードなど,,,

レトロデザインや秋冬の定番のチェックに合うような色合いですね。

個人的には

春によく出てるような色合いに近いなと感じました。

 

ヘアカラーもそこにあわせて行くのがよいかと考えます。

春夏に比べてファッションの要素が増えますので

カラーは少し控えめが吉かと。

 

ざっくりいうと

ベージュベースのカラーが良い、これです。

かなりざっくり言いましたが

柔らかさは感じつつも

髪を綺麗に見せることができたり

色味が主張しすぎない感じ、とでも言えますか。

 

 

ベージュベースにも色々あります。

安定的に人気の

グレージュ

グレー+ベージュ、でグレージュ。

 

 

 

文句なしに可愛い。

さてお次は、オリーブベージュ

オリーブとかカーキとか言いますが、

色で言うと緑。

赤味を抑えてスモーキーな色合いにしてくれます。

ちょっとかっこいい感じみたいな感じ、的な。

他の”〜ジュ”系カラーに比べて語呂悪い感は否めない。

 

もう一つ、今年のトレンド

ラベージュ

ラベンダー+ベージュで”ラベージュ”。

ラベンダー=青紫系統のカラーをさします。

グレージュとの合わせ技もあったりするし、

どこまでその”ラベンダー感”を出すのかと言うところも

難しいところであります。

バイオレットやピンクだと深みが出て

ツヤが出るのいいんですが

透け感や柔らかさを感じにくくなってしまうので、

そことの差別化ツヤカラー。

透け感も欲しい、でもツヤも欲しい

そんなワガママな人にオススメ。

一応今年のトレンド、とか言われてます。

 

 


 

 

さて、決意新たにブログを書き始め

2回目にして

美容師らしいことを書いてしまったわけです。

トレンドについて。

 

こんなことを書いてしまっては

もとも、こもないのだが

お客様は知らなくていいと思っています、僕は。

 

それらを勉強して

お客様に伝える、提案することが

自分たち美容師の仕事の一つであると考えるからですね。

 

ただ、トレンドってのは

商業的に作られたものであり

大事なのは”その人その人に必要な提案”とも

思っています。

 

このブログをみて

『ベイクドカラーのスカートね、買いに行くわ!』

ってなる人ばっかりじゃないはずなんです。

 

例えば

『トレンド?ふーん、なにそれ?美味しいの』と言う人がいたとして

その人にそんな提案しても無意味なわけです。

 

しっかりとその人が

どこに、なにに価値を感じるか?を汲み取って

仕事をしたいものです。

その中で、我々が知っているトレンドの要素を

入れ込んであげられれば

トレンドにも大きく外れないなと。

 


 

 

今回のブログは2回目にして

全く面白くないことを書いている自負がある。

 

面白いブログを書くと言うのは

非常に難しいわけで

語彙力なるものが必要だし

知識、考え方

それを面白くまとめ上げる

ユーモア・キャッチーさ

がいると思う。

 

 

自分の今の目標は

 

読んでためになるブログ

とか目指している気は毛頭なく、

”通勤途中に読んでもらえて、少しだけ穏やかな気持ちになる”

そんなところを目指している。

それはまさに、

最近話題の”筋肉体操”と言う番組がそれに近い。

 

 

決定的に違うのは

”筋肉体操”は

人の役にたち、と同時に

シュールな世界観で

少しクスッとさせてくれる。

 

最終的にはここを目指していこうと思う。

 

そしてブログを書いていくことで

自分も高まったり

新たな発見をすることができればとも思っている。

 

 

最後に

早速今回、このブログを書いていて

1つ発見したことがある。

それは、冒頭に書いた中学生はキャッチーな言葉が好きだと

いうところ。

 

冒頭ではそう言ったが

キャッチーな言葉が好きなのは

グレージュ

ブルージュ

ラベージュ。

大人も一緒。